HIV 初期症状

HIV感染率はクラミジア感染で高くなるって知ってますか?

HIV感染率はクラミジア感染で高まると考えられています。

 

クラミジアに伝染すると、感染率が上がることは本当で、この理由は、性行為と見比べても血液感染と傷口ことを通しての侵入のほうが、HIVは感染することが容易だと言えるでしょう。粘膜は肌より吸収率はいいものの、普通の性行為で伝染するとされる可能性は小さいわけです。

 

クラミジアが元になる炎症は、HIVウィルスをカラダの中に侵入させ易いようにしていきます。性病で起こる炎症は、粘膜や肌がウィルスの進入を阻止する能力を弱くするためだと考えられます。症状の大きさに関わらず、クラミジアを保有していると、感染率は上がってしまいます。ちなみに、性行為におけるHIV感染率が0.1〜1%なのに比べて、クラミジアを有している人の感染率は3〜5倍も高くなるとのことです。

 

傷口が存在するのは、血管に向けて直通のトビラが開いているのと一緒であることだと言えます。粘膜に炎症が生じていると、HIVは混入しが簡単になってしまいます。クラミジアは多くが無症状ですから、感染したところで気づかない場合が珍しくありません。

 

無症状でクラミジアに感染してみたけど性器粘膜は間違いなく炎症をしているということで、訳もなくHIVウィルスを身体の中に侵入させてしまうことになります。