HIV 初期症状

海外のHIV感染症の動向

HIV 感染者は全世界で 3320 万人存在すると指摘され、このうち1/3がアフリカに集中していて、アフリカになると2000万人を超えるほどの感染者がいる様子です。なおかつアフリカで感染をしている5割以上が女性と少女で、女性比率が大きいという側面を持っています。とりわけ若い人の感染者が珍しくなく、15から24歳に至るまでのHIV感染者うち、女性の 陽性のパーセンテージが76%と大変高まっているという報告があります。

 

そして、東アジアにおけるHIV感染者が多くなっている今の状況があって、数字は目に付く伸びを表わしいます。その中でも南アジアや東南アジアだと、2001年過ぎてから、10万人も増大しています。中東・北アフリカにおいてもとても急拡大しており、10年間で2倍以上となっているとのことです。

 

ところがその反面、よそのエリアであれば新たなHIV感染者は減ってきている傾向にあるといえます。世界各国のHIV感染者の動向より、国内を見た場合では、感染者の絶対数はかなり少数なのですが、先進諸国内においては唯一、日本のみが感染者が増加し続けているという実情があるのです。